2013年06月18日

ONE PIECE film z の魅力





ONE PIECE film z Blu-ray greatest armored edition [完全初回限定生産]が発売される

6月28日を前に、このfilm zの魅力を紹介します。


このONE PIECE film zは、2012年12月公開の劇場映画で、第12作目となる作品で、

原作者である尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務めています。


脚本は、テレビなどでおなじみの鈴木おさむ氏、オープニング音楽には、

「ONE PIECE展」でテーマ曲を手掛けた中田ヤスタカ氏が担当。

さらに、主題歌には、世界の歌姫「アヴリル・ラヴィーン」が歌っています。



ゲスト声優に、篠原涼子、香川照之、などが参加。


<ストーリー>

「新世界」のとある島で、古代兵器にも勝るとも劣らないという海軍の切り札、

巨大なエネルギーを持つ鉱物「ダイナ岩」が奪われる。

企んだのは、全海賊の抹殺を目論む元海軍大将ゼット。

新世界が消滅!という危機に、その影響は麦わらの一味にも襲いかかる。

同時に海軍もルフィたちを追い詰め、青雉が影からその様子を窺う。

邪悪で巨大な力が次々と襲い掛かる中、ルフィたちは新世界の命運をかけた死闘へ!




シリーズ最高傑作とまでいわれる、このONE PIECE film z

ぜひ、自宅鑑賞してみませんか?


今なら、豪華特典付きで予約受付中⇒ワンピース フィルム Z
posted by 幅上 at 01:31| ワンピースの魅力 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。